« 中小企業がこれからの手本 | トップページ | 決算直前 »

3現主義

3現主義はホンダの創業者本田宗一郎氏が提唱した行動指針で、「現場に行く」「現物(現状)を知る」「現実的であること」の3つの「現」を大切にする考え方。

昨年、大きなプロジェクトの責任者の立場にあった時、この3現主義をおろそかにし、失敗した経験がある。直接確認することは手間と根気が必要。ついつい手抜きし、部下まかせになっていた。ふたを開けるとトラブルが続出。半年間そのフォローを続けようやく収束しつつある。責任者として始末書を書き社長へ提出したが、その中に「3現主義」の徹底を記載し、その後毎日実践している。

トラブルの早期対策と新たなトラブル防止に効果がある。自ら実践し、組織文化に昇華させることが重要だと思う。結局、当たり前のことを当たり前にやるしかない。できない会社は市場から消えていくだけだ。

明日へのメッセージ「成功、失敗を少しも意に介せず、ただ続けていくこと」「たった今決心すること!」(マンスフィールド:ニュージーランドの作家)

|

« 中小企業がこれからの手本 | トップページ | 決算直前 »

中小企業診断士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/156477/47901230

この記事へのトラックバック一覧です: 3現主義:

« 中小企業がこれからの手本 | トップページ | 決算直前 »